記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プログラムを見れば思考のクセがわかります

こんにちは。起業女子・お勤め女子のパソコンサポーター さとうです。

今、とあるシステムの新旧入替準備作業をしています。
旧システムを入れてから6年経ってますので、新しい機能がかなり増えました。
その分データベース(入力したデータの入れ物)の形も変わっています。
新規にシステムを入れる場合は問題ないのですが、今回は入替ということで旧データを新データベースに入れなおす作業が必要です。
それに伴い新しいシステムから古いデータを見たときに不具合が出ないよう、また数字に誤りがないよう、しっかりチェックしています。

プログラミング

チェック作業の中には、旧システムのプログラムチェックも含まれます。
場合によっては旧システムの動きを継承するため、新システムのプログラム修正が発生することがあります。
プログラム修正はよくあることですが、必ずしも過去に自分が作成したプログラムを修正するとは限りません。
どちらかというと、人が作成したプログラムを修正することが多いです。

自分で作成したものを修正するのはまだ楽なのですが、他の人が書いたプログラムを修正する場合、結構つらいことがあります。
そういうのを見るにつけ、プログラムって人を表すなぁとつくづく思います。

プログラムって、その人の思考回路が見えちゃうんです。
プログラムを何のために書くかっていうと、コンピュータに処理を実行させたいから。
人に教えるのとは違って少しでも抽象的なことが入るとコンピュータは動いてくれないから、処理の順番など論理的に組み立ててプログラムを組んでいく必要があります。
この「論理的」っていうのがミソで、どういう風に組み立てているかでその人の考え方というか思考の癖が見えちゃうんですね。
プログラムを見て抱いた印象はと実際にその人に会って抱いた印象はあまり外れたことがないので、そういう観点でプログラムを見るとまた面白いです。

「プログラミングで論理的思考を育てよう」ということで、最近は子供たちにプログラミングを教える教室も増えてきました。
子供たちにプログラムの楽しさを教えるのもいいですが、その前にまずご自身で試してみませんか?
Excel の入ったパソコンがあれば、何も新しいものを買う必要もありません。
Excel がなければ、無償のプログラミングソフトもあります。
今ならモニター価格(2時間 ¥5,000)で個別レッスン承り中です。

お問い合わせはメールフォーム または コメント欄からお願いします。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

【広島】パソコン作業効率化サポーター さとう

Author:【広島】パソコン作業効率化サポーター さとう
主に起業家さん向けに、仕事でのパソコン作業の効率化に関するサポートをしています。
「パソコンが苦手」という方には、タイピングやパソコン操作の基礎からのレッスンを。
「ある程度使える」という方には、仕事でよく使うアプリケーションの効率的な使い方について、お仕事にあったやり方をお教えします。
「定期的な作業が多くて大変」という方には、もっと簡単に作業ができるようなツールを作成します。
「忙しくて事務作業まで手が回らない」という方には、資料作成・会計処理などのパソコン事務作業を代行します。
その他、広く起業家さんサポートとして名刺・チラシのデザイン~印刷も承ります。

【経歴】
ワープロ・パソコンインストラクター。各種資格取得コース担当。最高合格率98%。
情報処理・システムアドミニストレータ資格取得コース担当講師。
大手通信会社企画課で販売数・契約状況などの資料作成担当。
プログラマ・SEとして、多くのシステム開発を担当。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。